宮城交通では、創立50周年を記念して
「宮城」をテーマとした
バスへのラッピングイラストコンテスト
を実施しました。

実際にバス車体にラッピングされる
「グランプリ」を始めとした、
「小・中・高生の部」及び「一般の部」
の各賞をご紹介します。
たくさんのご応募ありがとうございました!

(小・中・高生の部 最優秀賞)

50周年コロナになんか負けないぞ!バス』

『50周年、コロナになんか
負けないぞ!!バス!』

小・中・高生の部  堀江 咲羽さん(小学5年生、仙台市)

毎年楽しみにしている七夕まつりや船岡の桜まつりを描きました。コロナが終息してみんなに笑顔になってほしいです。

審査員のコメント

色の使い方が優れており、カラフルで楽しいデザインです。
宮城の要素と宮城の人々の笑顔が描かれていることで、明るい楽しい作品になっています。

実行委員会コメント

これからも変わらずまちの中へ、時代の先へ、走り続けていく50周年記念ラッピングバスに最も相応しい作品としてグランプリの受賞となりました。

ラッピングバスは令和2年11月23日(月)
から運行しております!
※運行状況についてはお問合せください。

(一般の部)

『宮城モダン』

『宮城モダン』

一般の部  守 智恵子さん(仙台市)

宮城の食と伝統を詰め込みました。日本伝統の青海波と七宝紋を取り入れ、宮城が誇る文化がこの先も愛されるよう願いを込めました。

審査員のコメント

テーマを上手くまとめたイラストでありながら、バスとして町の中で映えるデザインに仕上がっています。

各部門から3作品

小・中・高生の部

『私の故郷 宮城』

千葉 翔太さん(中学3年生、仙台市)

私の思い出に残っている場所で、特に宮城らしく、「私の故郷」と感じられる場所を描きました。

審査員のコメント

効果的な配色で表現力が優れている上手な水彩画です。バスに合わせてデザインを調整している点も評価できます。

『伊達なバス』

佐藤 優成さん(小学1年生、仙台市)

伊達政宗を上手に描けました。七夕かざりも自分の好きな色でカラフルにしました。

審査員のコメント

七夕飾りの部分に動きがあり、ダイナミックで力強く、迫力のあるデザインです。

『宮城のコウシン』

庄子 暖乃さん(高校2年生、仙台市)

宮城の美しい景観や生き物たちが「行進」を織りなし、宮城を「興進」させてほしいという意味を込めました。

審査員のコメント

全体の構図が優れており、動きが感じられる作品です。また、テーマ「宮城」を素直に表現している点も評価しました。

一般の部

『宮城の土から生まれるもの』

齋藤 寛子さん(石巻市)

スーパーでなんでも買える時代だからこそ、今一度宮城の土から生まれた野菜や果物たちに目を向けてほしいという思いで描きました。

審査員のコメント

構成がしっかりしており、強い色彩が印象的な作品です。応募作品の中で唯一、農産物のみ描いており面白い点も評価しました。

『カラフル宮城』

岡崎 夏奈さん(名取市)

宮城は四季も自然も豊かで、人もあたたかく、カラフルな県だなと思います。乗る人も見た人も明るくなれるようなデザインにしました。

審査員のコメント

色のバランスが優れており、洗練されたデザインです。宮城にまつわるモチーフがよく表されています。

『「軌道ッコ(キドッコ)」と七ツ森』

児玉 泰隆さん(利府町)

宮城交通の前身の「仙台鉄道」を描きました。
これは大和町から見た七ツ森の景色です。

審査員のコメント

宮城交通の前身である仙台鉄道を描くことで歴史がわかるデザインで、テーマ「宮城」のみならず50周年記念を感じさせており、表現もしっかりされている点を評価しました。

応募いただいた作品の一部をご紹介します

小・中・高生の部

『宮城の宝』

赤羽 宝さん

『宮城の伝統』

色川 れのんさん

『また行きたいな宮城』

小野寺 映太さん

『宮城の楽しい夏』

日下 愛理さん

『宮城を食べたいな』

小野寺 悠斗さん

『みんなでおどろう こけしバス』

鹿野 大地さん

『鮮やかな世界』

髙橋 壬さん

『7月7日の空の橋』

冨田 奏さん

『宮城を旅しよう!!』

永尾 頼愛さん

『仙台七夕』

廣田 紅葉さん

『願いが叶うバス』

阿部 菜乃花さん

『宮城の名所バス』

羽根田 豊さん

佐藤 伊吹さん

一般の部

『「宮城の四季」』

伊藤 梨花さん

『想いこめて』

上野 愛美さん

『宮城の四季』

色川 典子さん

『絵しりとり~宮城の食~』

菊池 香菜さん

『宮城の四季』

大茄子川 紗央倫さん

『伊達に住まう』

髙田 徳幸さん

『「わくわく素敵な宮城」』

成田 真梨菜さん

『宮城の色彩』

村上 陽子さん

『宮城の四季』

安田 典子さん

『宮城の躍進』

因 貴仁さん

『宮城の四季』

向臺 将大さん

『仙台七夕と宮城の名所案内』

大出 光一さん

『宮城の四季』

吉澤 紀子さん

審査について

専門委員及び宮城交通50周年記念事業実行委員会により厳正なる審査を行いました。
専門委員:原 秀一氏(河北美術展顧問)、篠原 良太氏(東北工業大学教授)

応募要項

募集の際に配布したチラシはこちらからダウンロードできます。